銀行に就職する人が多い

ファイナンシャルプランナーの資格を取得する方が多くなっています。金融系は他業種と比べても給与が高く、福利厚生も充実しているからでしょう。その中でも特に多いのが銀行で、他業種で働きながらファイナンシャルプランナーの資格を取り、銀行に転職なんて例もかなりあるようです。銀行も沢山のビジネスをしているので、他業種でそれなりに経験を積んだ人が会社にいると新規参入する時に有利です。例えば銀行が設立するコンサルタント会社の役員に他業種の人が多いのはその実例でしょう。必要とする知識が沢山あるので難しい資格だとは思いますけど、将来の安定の為に是非とも取得しておきたいところですね。

証券会社も人気がある

ファイナンシャルプランナーは証券会社へ勤める時も有利になります。かなりの人が取得しているようですね。右も左も分からない状態から教えるより、企業はそれ相応の資格を取得している人材が欲しいものです。しかも高齢化によって資産運用を考えている顧客が年々増えているようで、証券会社も金融知識を持っている人に入ってもらいたいでしょう。もちろんファイナンシャルプランナーの資格を持っていれば将来安泰という事でもないので、営業スキルやコミュケーション能力も必要になるでしょう。

保険会社は比較的安定している!?

保険会社への就職も比較的多いようですね。仕事内容は沢山あり、ただ保険商品を売っているだけではありません。例えばどんな保険に入ればいいのかセミナーを開いたり、窓口で対応したりと様々あります。会社によっては将来の運用を考えて、リスクマネジメントまでしてくれる場合もあります。ファイナンシャルプランナーの資格を持っていると有利になるでしょう。また、保険会社から信託系銀行や証券会社に転職する人も多いようなので、努力次第でキャリアアップも望めるでしょう。

cfpとは、ファイナンシャル・プランニング技能士の一級取得者が、国際的な資格として取得した資格のことをいいます。